マンガで分かる切らない痔の治療と痛くない大腸内視鏡検査

切らない痔の治療

お尻の三大疾患編

P11お尻の三大疾患編 のコピー

痔核は便秘などで肛門の開閉に大切な静脈叢(静脈の集まり)などのクッション組織が大きくなり、
脱出・出血・腫れ・痛みなどの原因となる病気です。
ゆっくりと肛門の内側にできて、脱出・出血などの原因となるのが内痔核です。
脱出がつづくと、痔核発作・嵌頓痔核となり強い腫れと痛みを伴います。
急に肛門の外側にできて、腫れ・痛みなどの原因となるのが(血栓性)外痔核です。

裂肛は便秘の硬い便や下痢の水便などで肛門に傷ができる病気です。
排便時の痛みと出血が特徴です。新しく軟らかい傷が急性裂肛です。古く硬い傷は慢性裂肛です。

肛門周囲膿瘍は肛門周囲の肛門腺に細菌が感染し膿がたまり、
腫れ・痛みなどの原因となる病気が肛門周囲膿瘍です。
肛門周囲膿瘍の約半分が感染巣が残り痔瘻(膿のトンネル)となります。

痔核(いぼ痔)編

P12痔核(いぼ痔)編 のコピー

こっそりいぼ痔さん(Ⅰ度内痔核)は、内痔静脈叢が少し大きくなったものです。
ほとんどの場合は脱出・脱出感・違和感を感じることはありません。
ごく稀に出血することはありますが、保存的加療で治ります。
もちろん、注射療法や手術の適応もありません。
しかも、ほとんどのおとなのお尻で、こっそりいぼ痔さんに出会えますよ。

やっぱりいぼ痔さん(Ⅱ度内痔核)は、内痔静脈叢が大きくなって、
排便時に脱出するようになったものですが、自然に戻ります。
脱出感・違和感を感じることがあります。
出血することもありますが、ほとんどは保存的加療で治ります。
もちろん、ほとんどは注射療法や手術の適応もありません。
保存的加療で症状に改善のない時には、注射療法や手術が必要となるので、
やっぱりいぼ痔さんと呼んであげましょうね。

しっかりいぼ痔さん(Ⅲ度内痔核)は、内痔静脈叢が大きくなって、
排便時に脱出するようになったもので、自然に戻りません。脱出・脱出感・違和感を感じます。
出血することもあります。戻してあげないと、痔核発作・嵌頓痔核になって、強い痛みを伴います。
保存的加療で治らないものもあります。
保存的加療で治らないものには、注射療法や手術が適応となるので、
しっかりいぼ痔さんと呼んであげましょうね。

いっつもいぼ痔さん(Ⅳ度内痔核)は、内外痔核とも呼ばれます。内痔静脈叢が大きくなって、
外痔静脈叢と一緒になったものです。いつも脱出していて、戻そうとしても戻りません。
脱出・脱出感・違和感を感じないこともあります。出血することもあります。
ほっておくと肛門括約筋不全の原因になります。保存的加療では治りません。
また、注射療法の適応もありません。手術の適応となります。
が、手術を受けるかどうかは患者さんが決めることです。
いっつもいぼ痔さんと呼んであげましょうね。

むりむりいぼ核さん(嵌頓痔核)は、痔核が脱出し戻らなくなったものです。
排便時に軟らかいいぼが出て、戻らなくなり腫れとつよい痛みをともないます。
痛みで括約筋が緊張しすぎて強く絞まるので、ますます痛いです。
いぼが壊死したり、出血することもあります。
はじめてなら、保存的加療で治ることもあります。が、手術が必要となることも多いです。
手術の適応になるかならないか、強い痛みの中で説明されるので、
それどころではないので、むりむりいぼ痔さんと呼んであげましょうね。

ぐりぐり外痔核さん(血栓性外痔核)は、急に外痔静脈叢が大きくなって、
排便と関係なく腫れと痛みがあります。
まれに出血することもあります。が、保存的加療で治ります。
もちろん、注射療法や手術の適応もありません。
保存的加療で、数日間で症状は改善し、数週間で治ります。
おすすめはしませんが、血栓摘出術も可能です。
腫れてしこりになるので、ぐりぐり外痔核さんと呼んであげましょうね。

裂肛(きれ痔)編

P13裂痔(きれ蒔)編 のコピー

痔瘻(あな痔)編

P14痔瘻(あな痔)編 のコピー

肛門陰窩さんから細菌が入って、
肛門腺ちゃんに感染し膿がたまると、肛門周囲膿瘍さんになります。
外側に広がり腫れ・痛みをともなうものが、おちびの肛門周囲膿瘍さん(低位痔瘻)です。
内側に広がり肛門や肛門の奥の違和感・痛みをともなうものが、
のっぽのかくれ肛門周囲膿瘍さん(高位痔瘻)です。保存的加療では治りません。
すぐに応急処置として切開排膿術(膿を出す手術)が必要となります。
ほっておいて感染が重症化すると敗血症(命にかかわる感染症)などの原因となることもあります。
適切な切開排膿術であれば、手術前より痛みは明らかに改善します。

肛門周囲膿瘍さんが自然排膿したり切開排膿術を受けたりしてできた、
トンネル状の感染ルートが痔瘻さん(あな痔)です。
裂肛の傷から感染し、皮下の浅いところに膿がたまりできたのが、Ⅰ型痔瘻さんです。
肛門陰窩から感染し、内外括約筋の間に膿がたまりできたのが、Ⅱ型痔瘻さんです。
肛門陰窩から感染し、内外括約筋の外側に膿がたまりできたのが、Ⅲ型痔瘻さんです。
肛門陰窩から感染し、骨盤側に膿がたまりできたのが、Ⅳ型痔瘻さんです。
保存的加療では治りません。根治のためには、必ず手術が必要となります。
長期的には痔瘻癌などの発症のリスクもあります。痔瘻癌の予後は不良です。
痔瘻になれば、必ず手術を受けてください。また、痔瘻があれば、クローン病の疑いもあります。
多発する痔瘻やなかなか治らない痔瘻(再発する痔瘻)があれば、
大腸内視鏡検査も受けてくださいね。

直腸脱・直腸粘膜脱編

P15直腸脱・直腸粘膜脱編 のコピー

こっそり直腸粘膜脱(症候群)さんは、過度の努責(長く・強くきばる)の繰り返しから前側の
直腸粘膜がたるみ、頻便感・残便感など の原因となる病気です。残便感・頻便感などから、
排便時以外の努責を繰り返すと炎症を起こし、ただれて出血したり、潰瘍が出来ることも
あります。
過度の努責の中止・生活指導・食事指導・排便指導と軟膏・内服などの保存的加療で効果
がなければ、手術などが必要となることも あります。 患者さん自身が、直腸粘膜脱について
理解することも大切です。残便感・頻便感の原因が分からないことが多いので、こっそり直腸
粘膜脱(症候群)さんですね。脱出するようになるとやっぱり直腸粘膜脱さんですね。

やっぱり直腸粘膜脱さんは、排便時に直腸粘膜の一部が脱出して、頻便感・残便感などの
原因となる病気です。保存的加療では治 りません。きっちり治すには手術が必要となります。
が、保存的加療で症状が改善すれば、手術を受けるかどうかは患者さんが決めること です。
脱出をともなう、残便感・頻便感なので、やっぱり直腸粘膜脱さんですね。

しっかり直腸脱さんは、排便時に直腸粘膜の全周が脱出して、脱出・出血・便失禁などの原因と
なる病気です。保存的加療では治りま せん。きっちり治すには手術が必要となります。ひどくな
ると立ったり歩いたりするだけで脱出します。脱出がつづくと括約筋さんが弱 って肛門括約筋
不全になります。が、手術を受けるかどうかは患者さんが決めることです。
すぐに脱出し、あるいは脱出したままで、 括約筋さんたちを押しのけて、肛門括約筋不全の
原因となるのが、しっかり直腸脱さんですよ。

痔の原因編

P16痔の原因編 のコピー

痔は生活習慣病です。原因となる生活習慣が分れば予防も可能です。
また、お尻にやさしい生活習慣は健康維持にも役立ちます。
●二足歩行
二足歩行は人を進化させましたが、肛門のうっ血から痔を生みました。
二足歩行はやめられません、痔と上手く付き合いま しょう。

●便秘
便秘のために、排便時の度に強くいきむのは痔核(いぼ痔)の原因になります。
また、便秘の硬い便は裂肛(きれ痔)の原因になります。

●下痢
勢いの強い排便の繰り返しは痔核(いぼ痔)・裂肛(きれ痔)の原因になります。
また、下痢による、肛門陰窩から肛門腺への細菌感染は痔瘻(あな痔)の原因にもなります。

●排便時間が長い
洋式・和式を問わず、トイレに長い時間座っていると、肛門のうっ血から痔核(いぼ痔)の
原因になります。

●暴飲暴食
食べ過ぎ・飲み過ぎによる腸内環境の乱れは、お通じの乱れ(便秘・下痢)となり、あらゆる
痔の原因になります。

●アルコールの摂りすぎ
アルコールの摂りすぎによる肛門のうっ血は痔核(いぼ痔)の原因になります。
また、アルコールの摂りすぎは、 下痢の原因にもなります。

●香辛料の摂りすぎ
消化されずに排泄される香辛料は、肛門の粘膜を刺激し、痔核(いぼ痔)・裂肛(きれ痔)の
原因となります。

●食物繊維不足
食物繊維不足やバランスの悪い摂取は、お通じの乱れ(便秘)となり、あらゆる痔の原因に
なります。

●ストレス
ストレスや疲労は、全身の血行を悪くして、お通じの乱れ(便秘・下痢)となり、あらゆる痔の
原因になります。

●座りっぱなしの生活、立ちっぱなしの生活
長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしは、肛門のうっ血から痔核(いぼ痔)の原因となります。

●体の冷え
体の冷えは、全身の血行を悪くして、痔核(いぼ痔)の原因となります。

保存的加療編

P17保存的加療編 のコピー手術だけが痔の治療では、ありません。痔は生活習慣病です。ほとんどの痔は、内服薬と
外用薬の組み合わせと生活習慣の改善で治 ります。また、生活習慣の改善は痔の再発の
予防にもなります。お腹とお尻にやさしい生活習慣を心掛けましょう。

出血・痛み・脱出など、痔が疑われる症状の原因が、大腸がん・大腸ポリープ・炎症性腸疾患
(潰瘍性大腸炎・クローン病)などの大腸 の病気である可能性もあります。大腸内視鏡検査に
よる確認も必要です。症状の原因が痔であることが確認できれば、保存的加療を始めます。
保存的加療を続けても、症状に改善がなければ、注射療法や手術も考えます。

痔のお薬には、内服薬と外用薬があります。内服薬には、出血・痛み・腫れなどの症状を抑え
るお薬と便をやわらかくするお薬などがあります。軟膏・坐薬などの外用薬には、出血・痛み・
腫れなどの症状を抑える効果と潤滑薬として便をスムーズに送り出す効果があります。

生活習慣の改善のため、生活指導(立ちっぱなしや座りっぱなしに注意・毎日の運動が大切・
毎日の入浴が大切など)・食事指導(水 分や食物繊維の摂取が大切・刺激物の摂取に注意
など)・排便指導(便秘や下痢に注意・トイレは5分以内が大切)も行います。

早めの受診であれば、ほとんどの痔はお薬と生活習慣の改善で治ります。
また、生活習慣の改善は、痔の再発を予防します。痔を疑 う症状があれば、早めに専門医の
診察を受けてください。
また、大腸の病気にも気をつけてください。

注射療法(ALTA硬化療法)編

P18注射療法(ALTA硬化療法)編 のコピー

脱出する内痔核に硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸を有効成分と
する注射薬を注射することで、脱出や排便時出血を改善し、痔核を硬化・退縮
させるのがALTA硬化療法です。手術と比べて、治療後の疼痛・出血などの頻
度や程度が軽いのがメリットですが、再発率が高いのがデメリットです。
注射直後から痔核は縮小し出血も改善しますが、痔核の硬化・退縮には1~2
か月を要します。また、組織レベルでの変化は半年ほど続きます。

脱出する内痔核がALTA硬化療法の適応ですが、器質化を伴う内痔核や外痔核
を伴う内外痔核は適応外です。内痔核を痔核上極部粘膜下層・痔核中央部粘膜
下層・痔核中央部粘膜固有層・痔核下極部粘膜下層の4つのエリアに分けて注
射します(四段階注射法)。四段階注射法は難易度と合併症回避の観点から、
内痔核治療法研究会の四段階注射法講習会を受講した肛門領域に精通した
医師にのみ許された手技です。

硫酸アルミニウムカリウム水和物による、血管透過性の亢進は血液を濃縮し
上直腸動脈から内痔静脈叢への血流を減少・停止することで、速やかに痔核
を縮小し出血を改善します。また、硫酸アルミニウムカリウム水和物は、炎症を
惹起し炎症の修復に伴う肉芽形成と繊維化で、痔核を硬化・退縮させ、脱出や
出血を消失させます。
タンニン酸は、過度の急性炎症を抑制することで、硫酸アルミニウムカリウム
水和物による組織障害を軽減します。

主な副作用として、
発熱(7%)・血圧低下(3%)・頭痛(2%)・嘔気(2%)・食欲不振(2%)
などがあります。

また、投与後合併症としては、
肛門部硬結(78%)肛門部疼痛(48%)・排便困難(21%)
などがあります。

痔核根治術(分離結紮)編

P19痔核根治術(分離結紮法)編 のコピー

裂肛根治術(振分結紮法)

P20裂肛根治術(振分結紮法)編 のコピー

本間棗軒の「瘍科秘録」に記載のある華岡青洲の痔核結紮術にヒントを得た裂肛根治術です。
術後の障害が少ないこと、術後の瘢痕が 柔らかいことが特徴です。
持続局所麻酔の併用により術後の痛みが軽いのも特徴です。

手術の目的と方法
1.局所麻酔薬(0.5%キシロカイン)を手術予定箇所に注射します。
2.肛門ポリープの最も伸びる箇所を鉗子でつまみ、肛門外に裂肛組織を脱出させます。
3.二重にした黒い絹糸を付けた針を、肛門ポリープの内側から見張り疣のやや外側に
向かって、内側と外側 の最短距離で縦軸方向に通します。
4.絹糸を互いに横軸の反対方向に分けて、裂肛組織を緊縛するように結紮します。
5.痛みの予防のため、持続局所麻酔薬(2.0%塩酸キニーネ)を手術箇所に注射します。
7.壊死融解した裂肛組織からの血液を混じた浸出液による 術後の肛門周囲皮膚炎を
予防するため、油性軟膏(アズノール軟膏)を塗布します。

手術後の予想される経過
1.結紮による緊縛が十分であれば、裂肛組織は白色に変色します。
2.手術の翌日から、結紮部より末端は壊死傾向に陥り、暗黒色に変色し、縮小傾向を
示します。
3.手術後1~2週間で、裂肛組織は壊死脱落あるいは壊死融解して消失します。
4.裂肛組織が消失した後の傷は、その後2~3週間で、柔らかい状態で治癒します。

手術の危険性と合併症
1.持続局所麻酔薬を使用するので、手術後は重い感じがするだけのことが多いです。
2.痛みの感じ方には個人差があり、また手術の内容によっても痛みに差があります。
3.鎮痛剤(飲み薬・座薬・軟膏など)も使用するので、耐え難い痛みで苦しむようなことは
ありません。
4.壊死融解した裂肛組織からの血液を混じた浸出液の漏出はありますが、振分結紮法
では止血術が必要な術後出血の経験はあ りません。
5.裂肛は便秘の硬い便などが原因で肛門に出来た傷です。再発の予防には、手術後の
排便コントロールが大切です。

痔瘻根治術(シートン法)

P21痔瘻根治術(シートン法)編 のコピー

本間棗軒の「瘍科秘録」に記載のある華岡青洲の痔瘻結紮療法に準じた痔瘻根治術です。術後の障害が少ないこと、術後の瘢痕が柔ら かいことが特徴です。持続局所麻酔の併用により術後の痛みが軽いのも特徴です。

手術の目的と方法
1.局所麻酔薬(0.5%キシロカイン)を手術予定箇所に注射します。
2.ゴム(と薬線)を通すための、太めの針を痔瘻の2次孔(または その数mm外側)から
1次孔の数mm内側に通します。
3.通した太めの針にゴム(と薬線)を付け、内側から外側に向かって太めの針を抜くことで
ゴム(と薬線)を通します。
4.痛みの予防のため、持続局所麻酔薬(2.0%塩酸キニーネ)を手術箇所に注射します。
5.壊死融解した痔瘻組織からの浸出液による術後の肛門周囲皮膚炎を予防するため、
油性軟膏(アズノール軟膏)を塗布します。

手術後の予想される経過
1.痔瘻組織の壊死融解の状態により、薬線は1~2週間で抜き取ります。
2.ゴムは定期的に増し締めを行います。また、1か月に1回ほど入れ替えを行います。
3.もともとの痔瘻の状態、手術後の痔瘻組織の壊死融解の状態によりますが、半年~1年で
ゴムは脱落します。ゴムが脱落した後の傷は、柔らかい状態で治癒しています。

手術の危険性と合併症
1.持続局所麻酔薬を使用するので、手術後は重い感じがするだけのことが多いです。
2.痛みの感じ方には個人差があり、また手術の内容によっても痛みに差があります。
痛剤(飲み薬・座薬・軟膏など)も使用するので、耐え難い痛みで苦しむようなことは
ありません。
3.壊死融解した痔瘻組織からの浸出液の漏出はありますが、油性軟膏(アズノール軟膏)を
使用するので、手術後の肛門周囲皮膚炎は少ないです。
4.手術箇所の再発はほとんどありませんが、他の箇所に新たな痔瘻が出来ることはあります。
再発・痔瘻の多発などがあれば、炎症性腸疾患のスクリーニングが必要となります。

2015年の実績編

マンガで分かる切らない痔の治療と痛くない大腸内視鏡検査

  • お腹とお尻の
    診断チャート
  • やさしい肛門科
  • 切らない痔の治療
  • 痛くない
    大腸内視鏡検査
  • お腹とお尻に
    やさしいお通じ

クリニックのご案内

〒651-0085
神戸市中央区八幡通4丁目2-13
フラワーロード青山ビル6階

「三宮」駅からフラワーロードを南へ徒歩7分。神戸市役所向かい、1階が三井リハウス神戸三宮支店のビルです。1本奥に入った裏通りにも入口がございます

みつみや大腸肛門クリニック

電話番号は0782313238です

電話受付

診療時間

休診日:日曜日・祝日・木曜日(不定休)

詳しくはこちら