マンガで分かる切らない痔の治療と痛くない大腸内視鏡検査

痛くない大腸内視鏡検査

もしかして大腸がん編

P22もしかして大腸がん編 のコピー

大腸がん編

P23大腸がん編 のコピー

日本人の大腸癌罹患率・死亡数が増えています。2008年の統計で日本人の癌罹患率で大腸癌は男性で3位・女性で2位です。さらに、2011年の統計で日本人の癌死亡数で大腸癌は男性の3位・女性の1位となっています。

食生活の欧米化による高脂肪・高エネルギー食や食物繊維・炭水化物の摂取不足に伴う腸内環境の悪化、現代社会のストレスに伴う心と体の免疫力の低下、アルコールの摂取による活性酸素の増加に伴うDNAの合成・修復に必要な葉酸の破壊、喫煙に伴う有害物質の摂取(喫煙者の大腸癌死亡率は非喫煙者の1.4倍)、肥満によるインスリン分泌過剰に伴う癌細胞の増殖、便秘による腸管蠕動の低下に伴う発癌性物質との接触時間の増加などが大腸癌の原因と言われています。

特に女性では、もともと便秘気味の方が多いことや、肛門からの出血で医療機関を受診する恥ずかしさから発見が遅れることで、死亡率が高いのではないかと考えられています。

ほとんどの大腸癌は腺腫(良性ポリープ)として生まれたものが腺腫内腺癌(悪性ポリープ)へと成長したものです。定期的大腸内視鏡検査で腺腫として生まれたものを処理できれば、ほとんどの大腸癌は予防できます。わずかに腺腫から発生しないデノボ癌と呼ばれるがんもありますが、大腸癌は早期に発見できれば治りやすい癌のひとつです。

わたしのクリニックでは、『心と体にやさしい大腸肛門病診療』を理念に、検査前・検査中・検査後も含め『恥ずかしくない』・『痛くない』を心掛ける大腸内視鏡検査を行わせていただいております。

大腸ポリープ編

P24大腸ポリープ編 のコピー

大腸がんと大腸ポリープの関係
大腸にできたイボのようなものを大腸ポリープと呼びます。大腸ポリープは、おおきく『非腫瘍性ポリープ』と『腫瘍性ポリープ』の2つに分けることができます。『非腫瘍性ポリープ』には、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)や感染性腸炎などによる『炎症性ポリープ』と加齢などに伴う『過形成性ポリープ』などがあります。これらのポリープが大腸がんになる可能性はほとんどありません。『腫瘍性ポリープ』には、『腺腫性ポリープ』などの良性腫瘍と『腺腫内腺がん(早期がん)』などの悪性腫瘍があります。『腫瘍性ポリープ』の80~90%は、良性腫瘍です。大腸がんのおおくは腺腫から『腺腫内腺がん』として発生します。数%ですが、『デノボがん』と呼ばれる腺腫から発生しないがんもあります。また、家族性大腸腺腫症(大腸腺腫性ポリポーシス)や遺伝性非ポリポーシス大腸がんなどの遺伝性の大腸がんもあります。

大腸ポリープの3つの切除法
1、ホットバイオプシー(Hot biopsy)
5mm以下の小さいポリープを高周波電流の流れる生検鉗子で摘みとります。
2、ポリープ切除術(Polypectomy)
首のあるポリープ(有茎性ポリープ)を高周波の流れるループ状のワイヤー(スネア)で
縛り切除します。
3、粘膜切除術(EMR/Endoscopic mucosal resection)
2cm以下の首のないポリープ(無茎性ポリープ)をポリープの下の粘膜下層に注射針で
生理食塩水などを注入して浮かせたうえで、スネアで縛り切除します。

いずれの切除法でも、治療後に約2000人に1人の穿孔(腸に穴があくこと)・約1000人に1人の出血などの合併症のリスクがあります。ポリープのサイズが大きいものほど、合併症のリスクは高くなります。また、一部の施設では、2cm以上の無茎性ポリープに対しても、粘膜下層剥離術(ESD/Endoscopic submucosal dissection)と言う切除法も行われています。

おおくの大腸がんは腺腫から発生します。また、2cm以下の腺腫であれば、ホットバイオプシー・ポリープ切除術・粘膜切除術で切除可能です。そうなるとデノボがん以外のほとんどの大腸がんは定期的大腸内視鏡検査で予防できますね。

2014年の実績編

P25.2014年の実績編 のコピー

2015年の実績編

痛みの原因と痛くない理由編

P26痛みの原因と痛くない理由編 のコピー

P27痛みの原因と痛くない理由編 のコピー

診察の流れ編

 

 

 

大腸内視鏡検査の流れ編

P28大腸内視鏡検査の流れ編 のコピー

P29大腸内視鏡検査の流れ編 のコピー

3つの日帰りポリープ切除術編

P30.3つの日帰りポリープ切除術編 のコピー

ホットバイオプシー編

P31ホットバイオプシー編 のコピー

1、5mm以下の小さいポリープは、ホットバイオプシーの適応となります。
ホットバイオプシー鉗子を用いて、ポリープを摘みとるイメージで切除します。
※ホットバイオプシー鉗子:高周波電流を流せる生検鉗子
(開閉可能な2つのカップで組織を摘みとる鉗子)
2、ホットバイオプシー鉗子をポリープの位置に合わせます。
3、ホットバイオプシー鉗子でポリープを摘み、高周波電流を流します。
高周波電流でカップの外側に発生した熱で止血と切除をおこないます。
4、ホットバイオプシー鉗子を引き、ポリープを摘みとります。
高周波電流で発生した熱でポリープ組織の残存も予防します。
摘みすぎ、高周波電流の流しすぎは、穿孔のリスクを高めるため、注意が必要です。
※クリップを用いて、出血や穿孔を予防します。

ポリープ切除術編

P32ポリープ切除術編

1、有茎性ポリープ(しっかりした首のあるポリープ)や
亜有茎性ポリープ(なんとか首のあるポリープ)は、ポリープ切除術の適応となります。
スネアを用いて、ポリープを縛り切るイメージで切除します。
※スネア:高周波電流を流せるループ状のワイヤー
2、スネアをポリープの位置に合わせ、通します。
3、スネアでポリープの茎部を縛り、高周波電流を流します。
高周波電流で発生した熱でポリープの茎部の止血と切除をおこないます。
4、把持鉗子を用い、ポリープを回収します。
※小さいポリープは、鉗子孔から吸引して回収することもあります。
茎部が太いポリープは、出血のリスクが高いため、注意が必要です。
※クリップや留置スネア(茎部の根部を縛ったまま置いてくるスネア)を用いて、
出血を予防します。

粘膜切除編

P33粘膜切除術編 のコピー

直腸さんは、どんなうんちさんが来たのかを括約筋さんに知らせてくれます。
便秘などで負担がつづくと、たるんで直腸粘膜脱・直腸脱になります。

内括約筋さんは、いつもお尻を閉めてくれています。
直腸さんから知らせを受けると、お尻を開けてうんちさんを通してあげます。

外括約筋さんは、おならやゆるいうんちさんなどを我慢するときにお尻を閉めてくれます。

肛門管さんは、お尻の出口です。硬いうんちさんなどによるきれ痔の被害者です。

内痔静脈叢ちゃんは、内痔核の赤ちゃんです。
便秘などで無理がたたると、大きくなって内痔核になります。

外痔静脈叢ちゃんは、外痔核の赤ちゃんです。
便秘などで急に負担がかかると、急に腫れて血栓性外痔核になります。

肛門腺ちゃんは、肛門周囲膿瘍・痔瘻の赤ちゃんです。
肛門陰窩さんから、細菌が入って感染すると肛門周囲膿瘍・痔瘻になります。

定期検査のススメ編

 

マンガで分かる切らない痔の治療と痛くない大腸内視鏡検査

  • お腹とお尻の
    診断チャート
  • やさしい肛門科
  • 切らない痔の治療
  • 痛くない
    大腸内視鏡検査
  • お腹とお尻に
    やさしいお通じ

クリニックのご案内

〒651-0085
神戸市中央区八幡通4丁目2-13
フラワーロード青山ビル6階

「三宮」駅からフラワーロードを南へ徒歩7分。神戸市役所向かい、1階が三井リハウス神戸三宮支店のビルです。1本奥に入った裏通りにも入口がございます

みつみや大腸肛門クリニック

電話番号は0782313238です

電話受付

診療時間

休診日:日曜日・祝日・木曜日(不定休)

詳しくはこちら